無料で遊べて稼げる入金不要ボーナスが貰えるオンラインカジノまとめ

【ジパングカジノ研究所 Vol.17】“大金賭けたら負ける”ジンクスの真偽を確率論の観点から検証する(ヨーロピアンルーレット1,000回転)

【ジパングカジノ研究所 Vol.17】“大金賭けたら負ける”ジンクスの真偽を確率論の観点から検証する(ヨーロピアンルーレット1,000回転)

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.17」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所主任研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は96.84%(2016年12月公式HP公表)、他と比べ圧倒的に魅力的です。
宝くじのペイアウト率は46.7%(平成26年度)、競馬は70%、パチンコで80%だと言われています。
96.84%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【カジノに存在するジンクス・都市伝説】
カジノゲームをプレーしたことがある人ならこんな話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
『勝負に出てベット額を上げたら負けた』
ほとんどのプレーヤーは初め低額ベットで様子を見て、勝てそうだと判断したらベット額を上げる。そういう賭け方をしたことがあると思います。
ベット額を上げて負けると損失はもちろん大きくなります。もしこれが本当だとすれば何らかの原因があるのかもしれません。

【的中率はベット額で変化するか】
大きな勝負に出る。つまりベット額を上げることで大きな払戻しを得るチャンスが発生しますが、外れれば損失も大きくなるため、まさにハイリスク、ハイリターンになります。
一喜一憂という言葉が当てはまるカジノゲームですが、ベット額の違いで的中率に変化が起こるのでしょうか。
ジパングカジノではベット額の違いでジャックポットに突入する確率が変動するゲームが存在します。
しかしながら、テーブルゲームにおいては、的中率、ペイアウト率の理論値はベット額に左右されることはありません。カードゲームではカードの残り枚数によって的中率にわずかな変化が起こるものもありますが、1ラウンド終了時にカードはデッキに戻されてシャッフルされるため、影響はほとんどないと言えます。

【独立事象のゲーム】
今回の検証ではヨーロピアンルーレットをプレーしました。ルーレットは1回ごとの期待値がそれまでのプレーに左右されない『独立事象』のゲームです。つまり、ベット額の違いによる的中率の変化を確かめるためには丁度良いゲームと言えます。

【10倍・100倍の金額を賭ける】
一般的に勝負に出るときはどの程度の金額を賭けるのか。これは個々で変化します。よって今回は基本値を$1と設定し、10倍の$10、100倍の$100を賭けて的中率を検証します。さらに、$1と$10を交互に賭けることで変化が起きるのかについても検証しました。

【ヒトの記憶】
結論から申し上げると、ベット額の変化で的中率が変動することはありませんでした。
ではなぜこのようなジンクス・都市伝説が存在しているのか。それはヒトの記憶による部分があると考えられます。ヒトの脳は辛い記憶や危険な目にあった記憶は忘れないようにできています。それは自己防衛によるものなのですが、勝負に出て大きく負けた記憶は辛い記憶として残ってしまうということが言えるのではないでしょうか。

動画内では各ベット額における的中率、ペイアウト率をグラフや表で説明しています。どうぞご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

オンラインカジノカテゴリの最新記事