無料で遊べて稼げる入金不要ボーナスが貰えるオンラインカジノまとめ

【ジパングカジノ研究所 Vol.68】総額130万円を賭けて『ワンハーフアップ法』徹底検証(ルーレット5,000回転)

【ジパングカジノ研究所 Vol.68】総額130万円を賭けて『ワンハーフアップ法』徹底検証(ルーレット5,000回転)

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.68」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は100.75%(2018年12月公式HP公表)、他と比べ魅力的な数値です。
宝くじのペイアウト率は46.8%(平成28年度)、競馬は70%、パチンコで80%ほどだと言われています。
100.75%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.68の検証】

【Vol.68検証内容】
2連勝すると使うことができ、最初にベットした金額の半額分を上乗せして賭けるだけというシステムベット”ワンハーフアップ法”。
連勝が続く限り初期ベット額の半額を上乗せし続け、途中で負けるか、予め設定した連勝数に達したら初期ベット額にリセットします。

今回の検証では、このワンハーフアップ法を用いてヨーロピアンルーレットの赤黒ベットを5,000回プレイします。
初期ベット額は$2に設定し、2連勝以降は連勝が続く限り半額の$1を上乗せし続けます。
負けるまでベット額を上げ続け、結果を基に3連勝や4連勝等、途中でリセットした場合にどうなるかを計算します。

【Vol.68の展望】
前回の検証Vol.67ではブラックジャックをプレイしました。ブラックジャックは配られたカードの状況により、不利な時もあれば有利な時もあります。
そして、ダブルやスプリット等、ベット額を倍にする選択も存在するため、ワンハーフアップ法がうまく機能しなかったと言えます。
そこで今回は勝率が一定のルーレットでワンハーフアップ法を使用することで、確率通りの連勝が起こった時に収支がどうなるかを検証します。
シングル0のヨーロピアンルーレットにおける勝率は約48.65%。5,000回プレイすると12連勝が1度起こる可能性があります。
初期ベット額$2でワンハーフアップ法を使用し、12連勝が起こった場合、収支は$79プラスになります。
ヨーロピアンルーレットの理論上のペイアウト率は97.3%のため、この数値を上回る結果になるのでしょうか。
どうぞ、ご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

オンラインカジノカテゴリの最新記事