無料で遊べて稼げる入金不要ボーナスが貰えるオンラインカジノまとめ

【ジパングカジノ研究所 Vol.4】カジノの女王を支配する絶対真理を解き明かす「コラムベット1000回転のペイアウト率を検証」

【ジパングカジノ研究所 Vol.4】カジノの女王を支配する絶対真理を解き明かす「コラムベット1000回転のペイアウト率を検証」

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.4」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所主任研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は97.47%(2016年5月公式HP公表)で、他と比べ圧倒的に魅力的です。
宝くじのペイアウト率は46.7%(平成26年度)、競馬は70%、パチンコで80%だと言われています。
97.47%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ヨーロピアンルーレット コラムベット1000回転】
理論上のペイアウト率を計算する上で大事な要素があります。それは「的中率」です。
的中率とは当たる確率のことですが、「確率」と聞いて多くの人は「100回中何回当たるか」というイメージを
するのではないでしょうか。つまり未来という不確定な物事を数字によって予め測るためのツールといえるでしょう。特にギャンブルの世界ではこの確率論はとても重要視され、確率論はギャンブルから生まれたとされる説まであるのです。
例えば、今回のコラムベットの的中率は約32.43%です。認識としてはもし100回転したらおおよそ32回的中するという予測ができます。
そして理論上のペイアウト率を的中率から計算すると、97.3%という結果になりました。この97.3%という数値は
なんとヨーロピアンルーレットの1点賭けやカラーベットのペイアウト率と同じだったのです。
それは一体なぜでしょうか。

【独立事象と倍率】
ルーレットは1回毎の回転が独立していて、それぞれが他の結果に干渉することはありません。これを独立事象のゲームといいます。
さらに的中時の払い戻し倍率計算が0を除いた1~36までの36個の数字を基準に定められており、的中率1/2の時は倍率2倍、1/3の時は3倍という倍率の決まり方になっているため、ペイアウト率が全て同じになります。

【ルーレット検証3回目を終えて】
今回のコラムベットの検証結果、ペイアウト率は102.9%と理論値を上回る結果になりました。
さらに過去に検証した1点賭け、カラーベットのペイアウト率について振り返ってみると、どれもペイアウト率が理論値に向かって収束していくことがわかりました。

その理由を語る上で大事な法則があります。それは『大数の法則』。
この法則は数学者のベルヌーイによって提唱され、「個々の事象予測はきわめて困難でも、充分に多くの試行がなされると仮定するなら、全体像はかなり正確に予測できる」というものです。
ギャンブルにおいて根幹を成すこの法則を踏まえた上でドクターKはある結論を得ました。詳しくは動画内で説明しています。どうぞご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

オンラインカジノカテゴリの最新記事