無料で遊べて稼げる入金不要ボーナスが貰えるオンラインカジノまとめ

【ジパングカジノ研究所 Vol.21】最大300倍のボーナスラウンドの期待値を検証(エイジ・オブ・ザ・ゴッドルーレット3,000回転)

【ジパングカジノ研究所 Vol.21】最大300倍のボーナスラウンドの期待値を検証(エイジ・オブ・ザ・ゴッドルーレット3,000回転)

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.21」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所主任研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は96.50%(2017年2月公式HP公表)、他と比べ圧倒的に魅力的です。
宝くじのペイアウト率は46.7%(平成26年度)、競馬は70%、パチンコで80%だと言われています。
96.50%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ルーレットを3,000回転】
今回は試行回数を通常の3倍(3,000回転)にして、エイジ・オブ・ザ・ゴッドルーレットをプレー。
全ての数字の出現回数を公表し、理論値と比べてどの程度の差があるのかを検証します。

【エイジ・オブ・ザ・ゴッドルーレット】
シングルゼロのルーレットですが、ホイールにボーナスラウンドのポケットが存在しているため、1つのポケットの的中率は1/38で約26.3%。アメリカンルーレットと同じ確率になります。
通常のルーレットは1回毎のプレーが他のプレーに影響を与えない『独立事象』のゲームであるため、理論上のペイアウト率は94.74%ですが、今回はボーナスラウンドが存在し、的中すると5倍~300倍の払戻しを得ることができるため、理論上のペイアウト率も最大で95.73%になります。

【ボーナスラウンド】
エイジ・オブ・ザ・ゴッドルーレットにはジャックポット機能も搭載されていますが、それよりも的中率の高いボーナスゲームが存在します。盤面上0の右隣にボーナスのポケットがあり、そこにボールが落ちてボーナスラウンドに突入すると、スロットゲームを3回転することができます。自動で止まるリールの絵柄が横一列に揃うと、絵柄に応じた払戻しを得ることができます。絵柄は、5倍・8倍・10倍・15倍・20倍・25倍・50倍・100倍の8種類。3回転で必ず1度は絵柄が揃うため、5倍~300倍までの払戻しが発生します。

【ボーナスラウンドと1点賭けどちらが得なのか】
1点賭け時の払戻し倍率は36倍、つまり$1を賭けると$36が払い戻されます。一方でボーナスラウンドに$1をベットした際の払戻しは$5~$300まで変動します。
今回は$1をボーナスラウンドに賭け続け、的中回数と払戻し額の総額から1回あたりのボーナス平均払戻し額を算出しました。結果は的中が68回、払戻し額は合計で$2,290、平均で$33.68となり、1点賭けの方が払戻し倍率が良いという結果になりました。ボーナスの的中数が理論値(78.9回)より約10回少なかったため、このような結果になったと考えることもできますが、1,000回転時点でのボーナス平均払戻し額も$33.64であったため、平均値はほぼ変化しないものと考えられます。

【何が起こるかわからない独立事象のゲーム】
独立事象のゲームを簡単に説明すると、1回毎の的中率が常に一定のため、俗に言う「流れ」というものが一切ありません。しかし、赤と黒が必ず交互に出るわけではありませんし、ずっと赤が出ているから次は黒が必ず出るといったことも起こりません。1回毎の確率が実際に起こっているだけなのです。
よって、3回連続で同じ数字が出るといった0.07%の事象も3,000回転中で4度起こりました。また、ボーナスラウンドにおいても最大の100倍が3回転中2回出現したという場面もあります。

【全ての出目の出現回数を公表】
今回はボーナスラウンドに3,000回転賭け続けましたが、全ての出目の出現回数を表にまとめてグラフと共に公表しています。
どうぞ、ご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

オンラインカジノカテゴリの最新記事